工科女子
遠藤梨紗さん

幼い頃から憧れていた工学の道へ。
EVプロジェクト、資格取得など、
チャレンジしたいことが目白押し!

工学部 電気電子工学科 1年
遠藤梨紗さん
2020年2月取材

東京工科大学 HOME> 工科女子 > 工学部 電気電子工学科 遠藤梨紗さん

1東京工科大学を選んだ理由は?

小学校低学年の頃に祖父が入院し、その時に人工弁を入れることになったんです。実際に見せてもらったんですが、すごく小さいのに、しっかりと動き、そして祖父を助けてくれた。幼いながらに、こんなにも小さな「電子機器」が人体を救い、そして体の中で動き続けることに魅力を感じました。それが最初の「工学」への興味だったと思います。
その後、中学校の時に通っていた塾の先生が電気電子工学系の大学生で、授業がとても楽しかったんです。卒業したら「就職してエレベーターを作る」とおっしゃっていて。そのように、人々の生活に身近で、役立つものを研究することへの憧れを持つようになりました。
それらの経験が、「工学部」や「電気電子」を目指すきっかけになっています。
そして、高校生の時に、どの大学が自分の希望に叶っているかをホームページやパンフレットなどで検討したところ、東京工科大学は、研究するための設備が充実していて、新しそうな機器がしっかり整っていること、そして何より学びたい学問の学部があったことが、選んだ理由です。

2大学ではどんな風に学んでいますか?

1年生では、まず、電気回路、電子回路に使われている部品について一つ一つ学んでいきます。回路には、思っていたのより多くの部品が使われていて、ちょっとビックリしました。
やっぱり実験の授業は面白いです。自分で回路を作ったり、初めて見るような専門機器を自分で操作することができます。機器を動かすのは最初は怖いですが、慣れてくるととても楽しいです。

授業には、先生だけでなく、大学院生や4年生が、授業にオブザーバーのような形でついてくれます。実験やプログラミングでわからないところは、先輩たちに「ここはどうすればいいですか?」と聞くと、丁寧に教えてくれたり、実際にやってみせてくれたりします。

また、東京工科大学では、資格を取るためのサポートが充実していて、私は1年生で「危険物取扱者 乙種 4類」というの国家資格を取得したんですが、その試験対策の授業を大学で受けることができるんです。全部で4回授業があって、最初の3回は講義、最後の4回目にテスト演習をします。かなり実践的な内容だったので、これを受けることができたのはすごくよかったです。これ以外にも、いくつか興味のある資格があるので、チャレンジしていきたいと考えています。

3将来の夢・目標は?

入学してすぐに参加した電気自動車を創る「EVプロジェクト」でものづくりの楽しさと難しさを実感しているところです。電気電子工学科の学生だけでなく、機械工学科や応用化学科の学生も参加して、総勢50名くらいでEVカーの開発に取り組んでいます。私たちは、モーターや電気系統を担当しているのですが、ちょっとしたところで性能に差が出たり、不具合になったりするので、なかなか手強いです。最終的に、「学生フォーミュラ日本大会」に出場することを目標に頑張っています。

受験生のみなさんへ

今取り組まれている受験勉強は、受験ではもちろんのこと、入学してからの学びにも必ず活かされます。また、勉強のモチベーションを保つため、大学でやりたいこと、将来の目標を設定すると良いかもしれません。テストの点数アップ以外の目標があると、大変な受験勉強を乗り越える力になると思います。応援しています!

プロフィール

遠藤 梨紗さん
遠藤 梨紗

県立川口北高校出身(埼玉県)、工学部 電気電子工学科に所属する1年生。高校の時に吹奏楽をやっていたこともあり、音楽が大好き。趣味は筋トレとランニング。毎日腹筋と背筋を100回ずつやってから寝ることにしている。

こちらの工科女子もCheck!

  • メディア学部 村川 茅沙さん 2021年6月取材
  • 工学部 応用化学科 小松 みらのさん 2021年6月取材
  • 応用生物学部 大矢 ひかりさん 2021年4月取材
  • コンピュータサイエンス学部 杉本 羽南さん 2021年4月取材
  • 工学部 電気電子工学科 遠藤 梨紗さん 2020年2月取材
  • 工学部 電気電子工学科 前島 日南さん 2020年2月取材
  • 工学部 機械工学科 中尾根 美樹さん 在学生 2018年12月取材