東京工科大学大学院 HOME > 研究室・プロジェクト紹介 > 大学院 サステイナブル工学専攻 研究室一覧 > マンマシンインタフェース,感性工学研究室(高橋研究室)

サステイナブル工学専攻研究室一覧

サステイナブル工学専攻研究室一覧

マンマシンインタフェース,感性工学研究室(高橋研究室)

研究内容
近年では製品開発の際,その性能だけでなく使う人の感覚をも考慮しています。
本研究室では,製品開発の際に必要となる人の感覚を用いた評価や人の感覚を重視したシステム開発を効率的に行うために,バーチャルリアリティを用いた,人工的にモノに触れた感覚を提示するためのシステム、設計途中のデジタルカメラの使いやすさを評価できるシステムの研究や,熟練技能者の技能を習得するためのシステムに関する研究などを行っています。
マンマシンインタフェース,感性工学研究室(高橋研究室)
拡張現実を用いた技能習得支援システムの操作画面
(通常不可視の軸と穴の接触点に作用する力を確認しながら組立作業を行うことができる)

研究テーマ
1. 拡張現実を用いた技能習得支援システム
2. 任意のさわり心地を提示するシステム
3. 製品開発のための感性応用システム
研究キーワード
バーチャルリアリティ , 技能 , ユーザビリティ
プロジェクト独自ページ

担当教員
高橋 秀智 / TAKAHASHI, Hidetomo / タカハシ ヒデトモ
教授
専門分野: CAD/CAMシステム,ヴァーチャルリアリティ,マンマシン・インタフェース
プロフィール: