応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

生体環境創薬学(笠井智成)研究室

研究内容

生体環境創薬学(笠井智成)研究室
クリックで拡大
がんは遺伝子の異常によって生じる病気ですが、生体内の微小環境の変化ががんの発症や悪性度に関わることが判ってきました。また、がん幹細胞とよばれる、がんのもとになる細胞が存在することや、がん幹細胞が薬剤耐性や放射線耐性を有するため、再発や転移の原因となることも明らかになりつつあります。しかし、がん幹細胞はがん組織内にわずかな数しか存在せず、維持や培養が難しいため研究を進めることが困難でした。そこで、正常なiPS細胞をがん幹細胞モデルへと分化誘導する技術を開発しました。この技術を用いて、生体内での微小環境の変化によって自然発生するがんや、がん細胞が出現する際のトリガーなど、新たなターゲットの探索をしています。また、がん幹細胞標的薬の開発、早期診断技術の開発を目指しています。さらに、iPS細胞を利用して、がんを抑制するバイオ医薬品開発にも取り組みます。
研究テーマ

1. がん幹細胞治療薬の開発
2. がん早期診断技術の開発
3. がん幹細胞モデルの作製と解析
4. 新規な薬剤スクリーニング法の開発
5. AIをもちいた早期診断法の開発

研究室ページ

研究キーワード
がん幹細胞 , iPS細胞 , がん性の微小環境 , 3次元培養 , 薬剤スクリーニング , AI
関連するSDGs
3.すべての人に健康と福祉を
担当教員
准教授
笠井 智成/カサイ トモナリ/KASAI Tomonari
専門分野:生物工学・腫瘍生物学