東京工科大学大学院 HOME >研究室・プロジェクト紹介 > 工学研究科サステイナブル工学専攻 > サステイナブルマニュファクチャリング特論:東京工科大学大学院

工学研究科サステイナブル工学専攻

工学研究科
サステイナブル工学専攻

サステイナブルマニュファクチャリング特論

担当教員名 / 単位数 髙橋 秀智 / 選択必修1単位
授業科目名 サステイナブルマニュファクチャリング特論
講義の概要 現代の製品開発は、市場競争力、そして持続可能性をも考慮し迅速に行う必要がある。そのため3D-CADシステムを中核とし、設計、解析(CAEシステム)、そして製造(CAMシステム)等の複数のプロセスが同時並行(コンカレント)的に進められる。そこで本講義では、まず3D-CADシステムに関して、形状や位置姿勢表現理論について学び、次いで変形等のシミュレーションを行うための理論や形状データから加工データを生成するための理論・技術について学ぶ。さらに3Dプリンター等の最新の加工技術についても学ぶ。これらにより、サステイナブルなものづくりを実践するために必要な理論・知識を修得することができる。

資料請求はこちら