東京工科大学大学院 HOME > デザイン研究科デザイン専攻

デザイン研究科デザイン専攻

デザイン研究科
デザイン専攻

(2019年4月新設)

デザインの実践的な学識と技術・スキルを修得し、次世代のニーズに応えられる高度な問題解決力を持った人材を育成します

今日のデザインは、実社会の課題解決と将来的な実装を目標に、研究調査によって導いた提案を豊かな発想力と造形力によって体現することが求められています。そのため、本研究科では実現可能性に裏付けられた綿密なプランを、より高度で最新のICT(情報通信技術)を駆使したデザイン提案として広く発信できる人材を育成します。国際的な場でも充分に通用するコミュニケーション能力、計画を遂行するためのマネジメント力、分析評価能力を駆使した企画力、問題解決力などの様々な優れた研究能力を併せ持ち、これからの社会で幅広く実践的に活躍できる、職業人としての次世代のデザイナーの輩出を目指します

デザイン研究科デザイン専攻の3つの方針

デザイン専攻の教育目標及び3つの方針(アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー)はこちらをご覧ください。(PDFファイル形式)

デザイン研究科デザイン専攻の特色

研究テーマに合わせた教員の指導体制

ビジュアルクリエイション、インダストリークリエイション、デザインスキルの各分野を横断的に研究する指導体制によって、多様な社会問題に対してより広い専門性からアプローチし、独創的な発想で実社会の問題解決につながるデザインを提案する力を養います 

デジタルスキルを駆使した創造性の高い研究

ICTに代表される時代を担うデジタルスキルを駆使した独自性の高いデザイン表現をベースに、将来的な実装を見据えた創造性の高いデザインの開発を行い、これからの持続可能な社会の構築に貢献する人材を育成します

 

国際的に通用する高度なコミュニケーション能力の追求

英語によるプレゼンテーションやドラフト(基本案)の作成、国際連盟Cumulusなどの研究発表の場における積極的な交流を通じて、国際的な教養と豊かな人間性を育み、論理的な思考力、分析評価能力に裏付けられた高度なコミュニケーション能力の向上を追求します

専攻長メッセージ

デザイン学部では、2019年4月で開設から10年目を迎えます。この節目の年に蒲田キャンパスにおいてデザイン研究科が開設され、新入生を迎えることはこの上ない喜びであります。これまでデザインの領域が時代の多様化と要請に応え拡がり続けアートの範囲まで取り込むまでになりました。本学部では、デザイン本来の役割である「生活に根ざした実学教育」に徹し、その実現のために豊かな想像力と先端的なデザインスキルを活用し、「生活の質の向上」を目標とした教育方針を掲げその実現に全力をあげてきました。その成果として、1期生から5期生まで社会で活躍できる人材を世に送り出し、高い就職率を維持しています。この度、新たに開設する研究科では、学部教育を基盤として、さらに高度なデザイン力を身につけ、国内はもとより国際的にも活躍できる人材の育成を目指しています。学部で培った専門領域での力を社会の視点から総合的にとらえ、問題解決のために積極的に提案し、具体的なデザインのかたちとして可視化し、高度なプレゼンテーション技術によりコミュニケーションできる人材育成のための教育を目指しています。そのためには、デザイン思考に根ざし、最新のICT(情報通信技術)、IoT(Internet of Things)技術を活用し、研究調査の分析評価や計画を遂行するためのマネジメント能力を育む本研究科ならではの特徴ある教育を行います。

デザイン研究科デザイン専攻 授業科目

デザイン研究科では、社会との関係性や国際的な動向を踏まえ、広くデザイン提案に取り組む視点を養う科目でカリキュラムが組まれています

デザイン研究企画、デザイン研究Ⅰ、デザイン研究Ⅱ、デザイン研究Ⅲ

2年間の在学期間を通じて、指導教員の指導のもとテーマ設定、企画、研究を行います。各学期末には、研究発表会を実施し、研究の進行状況やその成果を発表します。2年次後期には、修士課程の集大成として、研究や制作を修士論文・作品としてまとめて発表します。

ビジュアルクリエイションⅠ・Ⅱ

AR、VRなどの先進的な知識を修得しながら、インフォメーションデザインやデジタルサイネージをテーマとした課題に取り組みます。

インダストリークリエイションⅠ・Ⅱ

IoT、AR、VRなど様々に変革する先端技術を駆使した工業デザイン、空間デザインに関するシミュレーション及びプランニングの課題に取り組みます。

デザイン特論

視覚・映像・空間・工業の各デザイン領域の教員がオムニバス形式で進行し、最新のデザイン知識の修得と、社会への提案を可能にし解決に導くための理論や方法論を横断的に学びます。

デザイン専攻教員紹介