東京工科大学大学院 HOME >研究室・プロジェクト紹介 > 工学研究科サステイナブル工学専攻 > サステイナブルパワーエレクロトクス特論:東京工科大学大学院

工学研究科サステイナブル工学専攻

工学研究科
サステイナブル工学専攻

サステイナブルパワーエレクロトクス特論

担当教員名 / 単位数 高木 茂行 / 選択必修1単位
授業科目名 サステイナブルパワーエレクロトクス特論
講義の概要 パワーエレクロトニクスを使った電力変換は、サステイナブル社会で持続的なエネルギー環境を実現するに必須の技術である。パワーエレクトロニクスの基礎及び回路を理解するとともに、太陽光発電用パワーコンディショナ、蓄電池と充放電回路、電気自動車と新規デバイスSiCやGaNを使った駆動及び回生回路など、パワーエレクトロニクスを使った電気機器の最新技術について学ぶ。応用例を通して、パワーエレクトロニクスがもたらすサステイナブルなエネルギ-・生活環境について修得する。

資料請求はこちら