地域連携・国際交流

地域連携・国際交流

東京工科大学 HOME> 地域連携・国際交流> 応用生物学部の地域連携活動

応用生物学部の地域連携活動

 応用生物学部では、キャンパスを置く八王子市を中心とする地域の行政・教育機関、各種団体などと連携した、さまざまな活動を展開しています。学部全体の活動としては、八王子市教育委員会などとの協力による「宇宙の学校」という小学生対象の科学教室を支援する取り組みがあります。また、教員が個別に進める活動も、八王子市内での環境関連の講習会での教員の講演会や、学生の環境ボランティア活動への参加、東京都教育庁主催の中学生対象の科学教室への協力など多岐に渡っています。

事例紹介

■宇宙の学校

    「宇宙の学校」とは、八王子市教育委員会、八王子プロバスクラブ(社会貢献を目的とする専門的職業人や実業人らの団体)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と応用生物学部が協力して行う、宇宙や科学をテーマにした工作教室です。八王子市内在住の小学生とその保護者を対象に実施されたこの教室において、本学部の1年生が工作の指導を担当しました。
    >>詳細はこちら


■八王子・大学コンソーシアムの学生発表会参加

    全国有数の学園都市である八王子の大学と市民、行政、企業などの連携強化をめざして、2009年に設立された「大学コンソーシアム八王子」では、活動の一環として、毎年学生による研究成果の発表会を行っています。この発表会に本学部の吉田亘講師が指導する学生が積極的に参加しており、平成30年度は2名の学生が口頭発表優秀賞とポスター発表準優秀賞を受賞しました。
    >>詳細はこちら

その他の事例

・八王子市環境行政への協力
・東京八王子プロバスクラブによる本学見学会の実施
・八王子市温暖化防止センター運営委員会活動への参加
・東京都教育庁主催 東京ジュニア科学塾への協力