メディア学部

School of Media Science 八王子

メディア学部研究室一覧

■メディアコンテンツコース

CGによるプロシージャルアニメーションとコンテンツデザインにおける感性の働きについて研究

デジタル時代の映像コンテンツのありかたについて追求します

さまざまなデータの視覚的な解析を可能にする可視化に関する研究

メディア学部での学びを活かしたプロセス重視の製品デザイン提案とデザイン方法の研究

エンタテインメントコンテンツの未来を切り開く制作手法と技術の研究

楽曲分析、音楽制作、映像コンテンツのサウンドの研究を行っています。

映像コンテンツの制作・編集手法の研究

ヒトとのインタラクションをともなうコンテンツデザインの研究

「サウンドデザイン」「シネマ&ゲームオーディオ」「音楽理論と情報処理」の3つが大きな研究の柱です。アート/エンタテインメント問わず「ディジタル技術をフル活用して音や音楽を作りたい!」という学生が日々フレッシュなテーマで研究を行なっています。

次世代アニメ制作手法、次世代バーチャルプロダクション、ゲームビジュアル表現技術の応用についての研究に取り組んでいます。

■メディア技術コース

音響信号処理を中心として、音にまつわる様々な現象を研究しています。

コンピューターと人の新しい関わり方を創ることを目指しています。

画像処理やCG技術を使って何か面白いもの、何か便利なものを作り出す研究を行います。

インターネット技術の開発・改良や、最新のICTを用いて身近な問題を解決します。

アニメや映画は画面の中の空想の世界に未来を作りますが、我々の目標はいま我々が立っている地球の上の現実世界に空想、未来の技術を実現することです。 ほんの少しだけでも、これから来る未来を変革させることを目指しています。

ゲームCG、ゲームAI、物理シミュレーションなど、ゲームに関連する様々な理論・技術を研究しています。

コミュニケーションを成り立たせている様々な暗黙的ルールを解明する。

SDGsのテーマにもなってる健康メディアをデザインする日本唯一の研究室です。

顔や画像にまつわる感性情報の解析やシミュレーション

人工知能のメディアコンテンツなどへの応用、デジタル地図のデータ活用、モバイルサービスの開発

ことばや文章をコンピューターで自動解析・自動生成する方法に関する研究

先端的なメディアを対象として、人間工学的な観点からの評価、開発を行います。

■メディア社会コース

街に出て、調査をしよう」を合言葉に、ビジネスについて幅広く研究を行っています。

新時代を切り開くデジタルマーケティングコミュニケーションを研究しています。

ICT活用による様々な“学び”や“教え”の支援を探求しています。

国際的な潮流を見据えながら社会課題の解決に向けたデザインについて取り組んでいきます。特にグローバル社会に必要な教育やメディアを使った教育などの分野を取り扱っています。

メディアを利用した新しいビジネス・プランの企画・構想・策定に関する研究

人と人、人とモノとの相互行為をビデオデータから分析します。

デジタル時代の広告コミュニケーションを考えます。

デジタル時代のメディア・ビジネスを探求!

聴覚障害者の方々が少しでも暮らしやすい環境づくりを目指した研究をしています。